歌い終わった春子に言った言葉。


鈴鹿は自分の歌が、吹き替えである事を知っていたようだ。

しかし、以前はそんな素振りは全然みせず

完全に騙されていた設定だったように思う。


なぜだか、ドラマの方向性が

急に、コメディー調からシリアス調に変わってきている。

脚本家の宮藤も最終回に向けて感動を求めるようになってきているのかもしれない。