カラオケで「潮騒のメモリー」を歌おうとする鈴鹿のマイクを採り上げ

放った言葉。


スナックの外にいて、ユイと二人でポーズを決めていたにもかかわらず

イントロが流れるやいなや、猛ダッシュで突入し

間一髪、鈴鹿が歌いだす前に、マイクを奪取するのに成功した。


これらの行動により、太巻より、水口より、なにより鈴鹿ひろ美より

オンチのトップシークレットを守らねばという使命感が強いことが分かった。